Menu

掛からない料金

0 Comment

家を売るときに必ず必要になる料金も存在するのですが、売ったときの金額によっては、支払い義務が発生しない料金もあります。
担保権抹消費用や印紙代は必ず必要になってしまいますし、仲介手数料も通常は仲介業者を利用すれば必要になりますが、もし仲介業者を通さないで取引を行えば、当然仲介手数料の支払い義務は発生しません。また、家を売る人の多くはローンの支払いは終わっています。

家を売った際の税金について

ローンが残っていなければ、当然支払いをする必要はないでしょう。ここで注目してもらいたいのが税金です。
日本は何にでも税金をかけるので、家を売った場合でも税金が必要になるケースがあります。印紙代も実際には税金になっているので、必ず必要だと言えるでしょう。
ただし、譲渡益課税に関しては必ず必要になるわけではありません。
確定申告基本的には売却価格が購入価格を上回ったときに発生します。

通常買取価格が購入価格を上回るということはありません。
よって大半の人は、譲渡益課税を支払う義務は発生しないのです。
また、確定申告を行うことで、所得税や住民税が控除されることもあるので、この点についてもよく確かめておきましょう。
税金の控除というのは、自分から問い合わせないといけませんので、しっかりと覚えておくことが重要です。