Menu

料金が明確

0 Comment

家を売る場合に必要となる料金というのは、ある程度明確になっていることが多いと言えるでしょう。そのため、最初から計算しやすいというメリットがあります。
例えば仲介手数料ですが、これは不動産屋によって異なるのではなく、400万円を超えた場合には、売買価格の3パーセントに6万円と消費税をプラスした金額になります。なぜなら宅地建物取引業法で決まっているからです。(参考リンク|不動産仲介手数料の真実

家抵当権抹消費用についても、1つの不動産につき千円となっています。
この抵当権抹消費用は、抵当権抹消登記と住所変更登記という2つがメインとなっているのです。
契約書に貼ることが義務付けられている印紙代金も法律によって決められているので、どこの不動産屋に仲介を依頼した場合であっても料金は一緒です。
印紙代というのは、売買を行う金額によって料金が異なっています。

家を売る場合にはかなり高い料金になってしまうので、その分印紙代も高くなる傾向にあるでしょう。
場合によっては他にも料金が必要になるのですが、その他の料金は売買価格などによって支払う金額が変わってきます。複数の料金支払い義務が発生する場合、このようにある程度明確になっていれば、どれだけ料金が必要になるのかわかりやすいので、計画が立てやすいと言えるでしょう。


関連記事↓