Menu

家を売るときの費用

0 Comment

通常自分の物を売った場合には、特に支払うべき費用は発生しません。しかし、家を売る場合には料金の支払いが発生します。どのような料金が必要になるのかというと、不動産屋などの仲介会社を利用するのが一般的なので、仲介手数料を支払う必要が出てきます。家を売る場合には売買契約を結ぶ必要が出てくるので、契約書に貼りつける印紙代も必要になってしまうのです。これだけではなく、他にも支払わなければいけない費用があります。

家を売るときには司法書士などの専門家に依頼することもあるでしょう。そうすれば司法書士に対しても支払う費用が発生しますし、抵当権抹消登録も行う必要が出てくるので、この分の料金も払わなければいけません。このような料金は抵当権抹消登録費用と呼んでいます。ここまでは、家を売るときに必ず発生する費用になります。他にも条件によって発生する費用があるのですが、まずはローンの返済料金です。
女性もちろんローンが残っていない、一括で購入した場合には、支払う必要はありません。

ただし、基本的にローンの返済が残っている場合、不動産を売却することはできないので注意しましょう。
なぜならまだ自分の物になっていないからです。
売却した代金でローンの返済ができれば、売ることはできます。
そして家を購入したときよりも高い料金で売れた場合には、税金の支払い義務が発生します。
これを譲渡益課税と言います。
当サイトでは家を売るときに発生する料金の支払いについて触れているので、家を売る機会があれば参考にしてみてください。