Menu

掛からない料金

17年12月12日

家を売るときに必ず必要になる料金も存在するのですが、売ったときの金額によっては、支払い義務が発生しない料金もあります。
担保権抹消費用や印紙代は必ず必要になってしまいますし、仲介手数料も通常は仲介業者を利用すれば必要になりますが、もし仲介業者を通さないで取引を行えば、当然仲介手数料の支払い義務は発生しません。また、家を売る人の多くはローンの支払いは終わっています。

家を売った際の税金について

ローンが残っていなければ、当然支払いをする必要はないでしょう。ここで注目してもらいたいのが税金です。
日本は何にでも税金をかけるので、家を売った場合でも税金が必要になるケースがあります。印紙代も実際には税金になっているので、必ず必要だと言えるでしょう。
ただし、譲渡益課税に関しては必ず必要になるわけではありません。
確定申告基本的には売却価格が購入価格を上回ったときに発生します。

通常買取価格が購入価格を上回るということはありません。
よって大半の人は、譲渡益課税を支払う義務は発生しないのです。
また、確定申告を行うことで、所得税や住民税が控除されることもあるので、この点についてもよく確かめておきましょう。
税金の控除というのは、自分から問い合わせないといけませんので、しっかりと覚えておくことが重要です。

家の売却費用

料金が明確

17年12月08日

家を売る場合に必要となる料金というのは、ある程度明確になっていることが多いと言えるでしょう。そのため、最初から計算しやすいというメリットがあります。
例えば仲介手数料ですが、これは不動産屋によって異なるのではなく、400万円を超えた場合には、売買価格の3パーセントに6万円と消費税をプラスした金額になります。なぜなら宅地建物取引業法で決まっているからです。(参考リンク|不動産仲介手数料の真実

家抵当権抹消費用についても、1つの不動産につき千円となっています。
この抵当権抹消費用は、抵当権抹消登記と住所変更登記という2つがメインとなっているのです。
契約書に貼ることが義務付けられている印紙代金も法律によって決められているので、どこの不動産屋に仲介を依頼した場合であっても料金は一緒です。
印紙代というのは、売買を行う金額によって料金が異なっています。

家を売る場合にはかなり高い料金になってしまうので、その分印紙代も高くなる傾向にあるでしょう。
場合によっては他にも料金が必要になるのですが、その他の料金は売買価格などによって支払う金額が変わってきます。複数の料金支払い義務が発生する場合、このようにある程度明確になっていれば、どれだけ料金が必要になるのかわかりやすいので、計画が立てやすいと言えるでしょう。


関連記事↓

家の売却費用

家を売るときの費用

17年12月06日

通常自分の物を売った場合には、特に支払うべき費用は発生しません。しかし、家を売る場合には料金の支払いが発生します。どのような料金が必要になるのかというと、不動産屋などの仲介会社を利用するのが一般的なので、仲介手数料を支払う必要が出てきます。家を売る場合には売買契約を結ぶ必要が出てくるので、契約書に貼りつける印紙代も必要になってしまうのです。これだけではなく、他にも支払わなければいけない費用があります。

家を売るときには司法書士などの専門家に依頼することもあるでしょう。そうすれば司法書士に対しても支払う費用が発生しますし、抵当権抹消登録も行う必要が出てくるので、この分の料金も払わなければいけません。このような料金は抵当権抹消登録費用と呼んでいます。ここまでは、家を売るときに必ず発生する費用になります。他にも条件によって発生する費用があるのですが、まずはローンの返済料金です。
女性もちろんローンが残っていない、一括で購入した場合には、支払う必要はありません。

ただし、基本的にローンの返済が残っている場合、不動産を売却することはできないので注意しましょう。
なぜならまだ自分の物になっていないからです。
売却した代金でローンの返済ができれば、売ることはできます。
そして家を購入したときよりも高い料金で売れた場合には、税金の支払い義務が発生します。
これを譲渡益課税と言います。
当サイトでは家を売るときに発生する料金の支払いについて触れているので、家を売る機会があれば参考にしてみてください。

家の売却費用 未分類